Japan Narratives: Living with KAMIDANA

現代における神棚の役割

現代における神棚の役割

私たちの生活の中で、神社と神棚は時代とともに変わりつつある。かつては神社が地域コミュニティの中心であり、家庭内では神棚が精神性の象徴だった。しかし、今日ではその状況が変わりつつある。日本の住宅事情、核家族化、そしてライフスタイルの多様化により、神棚を持つ家庭が減少しているのだ。

現代における神棚の役割

私たちの生活の中で、神社と神棚は時代とともに変わりつつある。かつては神社が地域コミュニティの中心であり、家庭内では神棚が精神性の象徴だった。しかし、今日ではその状況が変わりつつある。日本の住宅事情、核家族化、そしてライフスタイルの多様化により、神棚を持つ家庭が減少しているのだ。

木と紙の精神

木と紙の精神

日本の伝統的な建築と生活文化は、主に木("KI")と紙("KAMI")を用いた素材に根ざしています。約100年前まで、多くの建造物や日用品は木と紙で作られていました。木造の住宅は災害にも対応しやすく、メンテナンスも容易でした。壁には竹と土が使われ、自然な通気性で湿度調整を行い、季節の変化に適応していました。

木と紙の精神

日本の伝統的な建築と生活文化は、主に木("KI")と紙("KAMI")を用いた素材に根ざしています。約100年前まで、多くの建造物や日用品は木と紙で作られていました。木造の住宅は災害にも対応しやすく、メンテナンスも容易でした。壁には竹と土が使われ、自然な通気性で湿度調整を行い、季節の変化に適応していました。